奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

> シズオカオーケストラ > 静岡ノスタルジック散歩

photo:しぞーか 銅でしょう

しぞーか 銅でしょう

道端の要所や公園にある銅像。 偉人だったりアート作品だったりします。 設置された時には話題になるけど、そのうち風景となり忘れられてしまう。 そんなまちの銅像をもう一度見てみよう!というシリーズです。 第1弾は、通る人も多いJR静岡駅周辺の銅像に注目してみました。 まず静岡駅南口を出て信号の方へ歩いていくと見えてくるのが、裸の女性。 とってもふくよかですね。 いったい何の銅像かと銘板を見てみると、 […]

→ つづきを読む

松井陽介松井陽介 静岡ノスタルジック散歩
photo:下を向いて歩こう

下を向いて歩こう

下を向いて歩く、なんて言うとうしろ向きに聞こえるかもしれませんが、たまには下を向いて歩くと発見があるかもしれません。 いま世界から注目されているものがあります。 それは、「マンホールのふた」。 道路によくある鉄のふたです。地下に埋設された下水道や電気・通信ケーブルの点検・管理のための点検孔の上にかぶせてあるもの。それがいま話題になっています。 なぜかというと、ご当地マンホールというものがあるからで […]

→ つづきを読む

松井陽介松井陽介 静岡ノスタルジック散歩
photo:清水のかど

清水のかど

JR清水駅を降りて駅前銀座のアーケードへ行く道すがら、”かど”にその酒屋はあります。 次郎長の名前が出てきたり、もつカレー缶が置いてあったりと、一見、土産物屋のような不思議なたたずまいです。昼間だとそのまま通り過ぎてしまうかもしれません。 ところが夕方5時を過ぎると、提灯がともり、看板が出てきます。 「立ち呑み処」 なんと立ち飲み屋さんに早変わり。 昔は酒屋さんの店頭で一杯 […]

→ つづきを読む

松井陽介松井陽介 静岡ノスタルジック散歩
photo:コーヒーテーブル・ブック

コーヒーテーブル・ブック

欧米には「コーヒーテーブル・ブック」という言葉があるそうです。ソファ横のテーブルに置いてある、パラパラとめくれるような、さし絵や写真が多い豪華な大型本のことだとか。ソファにどっしりと腰かけてコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごしている光景が浮かんできますね。というわけでコーヒーと本は切っても切れない関係のようです。 今回うかがったのは呉服町通りから少し入った2階にある「ポプラ珈琲店」。年配 […]

→ つづきを読む

松井陽介松井陽介 静岡ノスタルジック散歩
photo:自己紹介

自己紹介

しずおかー、しずおかー。 電車に乗っていて降りるところの地名を聞くとほっとします。 帰ってきたんだな、と。 まちにはいろいろな匂いがあります。 たとえば浅草の駅を降りると天ぷらの匂いがするとか。 その土地にずっといると慣れてしまってわからなくなってしまうもの。 旅行でまち歩きをすると、気になるものをとにかく写真に収めます。 古い建物だったり、マンホールだったり。 まちの記憶。 建物が取り壊されてし […]

→ つづきを読む

松井陽介松井陽介 静岡ノスタルジック散歩

> シズオカオーケストラ > 静岡ノスタルジック散歩