奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

> イベント > 妄想まちあるき 2021冬 「1975…

妄想まちあるき 2021冬 「1975年、静岡市文化財資料館がオープンした日」


かつての情景を”妄想”しながらまちを巡る歴史系イベント・妄想まちあるき。今回は12月末をもって役目を終える静岡市文化財資料館からスタートします。開館当初のポスターで「白亜の殿堂」と表現された資料館は、その美しい建物も含め、なんと多くが市民からの寄付によって実現したのだとか。まちの人達の期待を背負った歴史資料館・・・アツい!

当日は
——-
1、オープンした日の白亜の殿堂と、それを取り巻く人々
2、来館アンケートに回答した「とある人物」の1日
3、資料館が閉館した後の、まちと自分
——-
という3つのシーンに思いを馳せながら、当時を知るゲストとともにお散歩します。

まちの歴史は遠い世界じゃなくて自分につながる場所にある!そんなことを体感してもらえたら嬉しいです。知識は不要。妄想力に自信のある方のご参加をお待ちしております。

<概要>

◎日時:2021年12月12日(日)9:30〜12:00 ※小雨実施

◎集合場所:静岡市文化財資料館 1Fロビー

◎ゲスト:
川口しずかさん(静岡市文化財資料館)
望月道子さん(浅間通り商店街 大天堂薬局)

◎参加費:無料(ドネーション制)
※文化財資料館入館料200円は別途お支払いください

◎備考:
妄想力をご準備のうえ、歩きやすい服装でお越し下さい。
文化財資料館は9:00から開館しているので集合前にぜひ企画展もご覧ください。

◎お申込:
こちらのフォームからどうぞ!
※定員8名程度

◎Twitterスペースで前夜祭やります!
[日時:12月2日(木)21:00〜Twitterスペースにて ※参加自由]
当日のナビゲーター伊藤・稲森・井上によるプチトークイベントも開催。企画の意図・当日語りきれないこと・暴走する妄想などワイワイお話しする前夜祭です。ぜひご参加ください。

◎ナビゲーター:
伊藤允彦(シズオカオーケストラ)
稲森幹大(M活動)

◎スタッフ:
井上泉(シズオカオーケストラ)
菅沼新太(シズオカオーケストラ)


Writer : shizuoka orchestrashizuoka orchestra

Posted at :

> イベント > 妄想まちあるき 2021冬 「1975…