奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

> グリーンドリンクス静岡 > green drinks shizuo…

green drinks shizuoka vol.15「エネルギーの話をしよう。〜新年会もやります!」開催レポート


写真1

2月22日(土)に開催された15回目のグリーンドリンクス静岡は、グリーンズと藤野電力のプロジェクトである「わたしたち電力」の発電体験ワークショップ。グリーンドリンクスがテーマに掲げる”持続可能な社会”にずばり直球でアプローチする回となりました。

わたしたち電力は、再生可能エネルギーをみんなの“じぶんごと”にするプロジェクト。今回の講師は「電力を自分でつくる・ためる・つかうことでエネルギーの“見える”化、電力に対するその人なりの解釈をして欲しい」との思いで全国各地でワークショップを開催している藤野電力の小田嶋電哲さんと高橋靖典さん、そして前回に引き続きgreenz.jpの小野裕之さんです。

写真2 写真2−2 写真2−3

前半のトークライブでは、写真を見ながら藤野電力やわたしたち電力の紹介をしていただきました。

藤野電力は3.11の震災による大規模な停電をきっかけに生まれました。電力を自立分散して“地域で使うエネルギーは地域でつくる”ことを提案し、地域の豊かな未来を目指して活動しています。そんな藤野電力は、実は会社でもNPOでもありません。そのことに本気で興味をもつメンバーが自発的に関わることで、他のメンバーを動かします。最初は地元のおまつりで使う電気を自分たちでつくることから始まって、今では全国各地のイベントでエネルギー担当を担ったり、市民発のさまざまな○○電力を生み出す「わたしたち電力」のプロジェクトを展開しています。

これからのエネルギーは”使用量を減らす・自立分散”がキーワード。独立型のミニ太陽光発電システムを作ることで自分で電気を「つくる・ためる・つかう」ことを体験し、普段なかなか気に留めることのない電力についてその人なりの解釈で楽しく利用方法の研究と工夫をして欲しい、と小田嶋さんは語ってくれました。さらに静岡が高橋さんの地元であることも発覚!嬉しい偶然です。

写真3 写真3−2

さて、後半はお待ちかねのミニ太陽光発電システムを作るワークショップです。キットの中の各パーツは、どれも市販されている物なので、自分で新しく作ったり拡張したりすることも可能という優しい設計。

写真4

今回静岡では、お二人がキットを購入、他の参加者は2グループに分かれて一緒に作ったり、見学をしました。

なぜ購入を決めたのかインタビューしてみたところ「自由になりたいから。電力もそのひとつ。電力会社に支配されしまうことに抵抗を感じて。」「ソーラーパネルが欲しかったから。自分ひとりだと作れるか不安で・・・でもみんなと一緒に作れるなら安心です。」という言葉を聞くことができました。

一方、小田嶋さんからは電気のお話。学校で習った記憶がうっすらあるような・・・。そんな私にもわかりやすく、基本からおさらいをしてくれました。電力(W)は電圧(V)×電流(A)で表されること、1時間あたりの電力量は”Wh”、明るいときに発電し暗くなっても使えるように貯める必要があること(明るいときにライトをつけても意味ないですもんね!)、直流と交流の違いと使い分けなど。改めて「そうだったのか!」の連発。エネルギーの無駄を減らすことのできる情報も盛りだくさんでした。

写真5 写真5−2

さて、いよいよ組み立てスタート。クリッピングプライヤーという道具を使い、パネルとバッテリー、コントローラをつなぐ線を加工していきます。銅線を傷つけないように被覆を剥いていくのですが、この作業がなかなか難しい!参加者の皆さんも順番に挑戦してみますが・・・苦戦。見かねた小田嶋”先生”がいとも簡単にスパッと被覆を取り除く姿に、歓声が起こりました。ひとつのものを一緒に作っていく間に、自然と参加者同士も打ち解けることができるんです!

写真6 写真6−2 写真6−3 写真6−4 写真6−5

最初は使い慣れない工具や部品でしたが、時間が経つにつれてだんだんとコツが掴めてきました。作業に抜けや不備がないようみんなで確認しながら進めていき、気がつけば3時間が経過!こうしてこの日、また新たに2つのミニ太陽光発電システムが誕生しました。

写真7

普段何気なく使っている電気。当たり前のように感じているけど、実はそうではないのですね。”てづくり”をしてみると、そのことを実感することができます。さらには生まれた電力に対して、愛着さえ湧くような気がします。

静岡に暮らす私たちは、子どもの頃からずっと”東海地震が来る”と言われて育ちました。今回のワークショップを機に太陽の力で生まれた電力で何をするかを考えた時には、やはり地震のことを思って、充電式の乾電池をコンスタントに充電できるのが魅力的だなと思ったりしました。大切なのはこんな風に、エネルギーのことを”自分”の近くにぐっと引き寄せて考えてみることなのかもしれません。このミニ太陽光発電システムと共に暮らしていたら、どんどんと身近なものになっていきそうですね!

写真8

この後、第2部はグリーンドリンクス静岡の新年会。(やや遅めですが)
会場は、なんとゲストの高橋さんのご実家である老舗名店”福助”にて。美味しいお酒と料理で大いに盛り上がりました!
高橋さんのお父様(マスター)ありがとうございました!

次回のグリーンドリンクス静岡はエネルギーシリーズ第2弾として、世界遺産に登録された”三保の松原”の落ち松葉を使ったペレット燃料「まつペレ」に迫ります。どうぞお楽しみに!開催の詳細はこちら★

写真9

report by yamamocchan・izumi
photo by mizutan


Writer : shizuoka orchestrashizuoka orchestra
Category : gd 静岡

Posted at :

> グリーンドリンクス静岡 > green drinks shizuo…