奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

清水のかど


IMG_1432rs

JR清水駅を降りて駅前銀座のアーケードへ行く道すがら、”かど”にその酒屋はあります。

次郎長の名前が出てきたり、もつカレー缶が置いてあったりと、一見、土産物屋のような不思議なたたずまいです。昼間だとそのまま通り過ぎてしまうかもしれません。

ところが夕方5時を過ぎると、提灯がともり、看板が出てきます。

「立ち呑み処」

なんと立ち飲み屋さんに早変わり。

昔は酒屋さんの店頭で一杯飲めるところは多かったそうですが、いまはまったく見かけなくなりました。ちょっとした待ち合わせに、または雑踏に耳を傾けながらちょっと1杯なんてのに最適ですね。

私が行った日は、夜7時から映画があり、それまでの時間つぶしのために寄りました。そう、ここのすごいところは、2階に映画館まで併設されているのです。この日は菅乃廣・監督の「あいときぼうのまち」を鑑賞しました。派手なアクションや宣伝のある作品ではなく、地味だけれどとっても素敵な映画を、店主の上田紘司さんが厳選して上映されています。上田さんは大の映画好きで、長年テレビ局に務めた経験などを活かし、清水国際映画祭などもプロデュース。多方面に活躍されています。映画の話になると止まりません。

立ち飲みと映画が楽しめるまち清水が、私は好きです。

●店名:柏屋
●住所:清水区真砂町2-31
●営業時間:9:00-21:00くらいまで。17:00-21:00は立ち呑みどころを併設。

●映画館「夢町座」
月に10日ほど上映。800円。情報はチラシにて。

★シズオカ×カンヌウィーク2015では「カンヌ国際映画祭セレクション上映」も行われます。


yosuke_icon静岡ノスタルジック散歩
松井陽介

静岡生まれの静岡そだち。
学生時代に県外にいたけれど、静岡が好きで戻ってきました。
着物から落語、写真、お茶などが好物。

イラスト:ゆっちょ


Writer : 松井陽介松井陽介

Posted at :

過去の記事

photo:しぞーか 銅でしょう
photo:下を向いて歩こう
photo:清水のかど
清水のかど
photo:コーヒーテーブル・ブック
photo:自己紹介
自己紹介