奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

> シズオカオーケストラ > ヒトトナリ酒場 > ヒトトナリ酒場 〜「山・ヒト・ケモノ」…

ヒトトナリ酒場 〜「山・ヒト・ケモノ」の夜〜/10月28日〜


世の中には様々な想いで働いている、様々な人がいます。
ヒトトナリ酒場は、そんな静岡にゆかりのある「面白い働き方をしてる人」「なんだか魅力的な人」をゲストとしてお呼びして、美味しいお酒を片手にひとつのテーブルを囲む場です。

その場に行くだけで、一度話してみたかったあの人や、覗いてみたかったあの世界と出会えます。
その出会いは、きっとあなたの視界を少しだけ広げてくれるでしょう。

為人を知り、人と隣り合って語らう。
ヒトトナリ酒場では、今夜もワクワクする出会いが生まれています。

第十三回〜「山・ヒト・ケモノ」の夜〜

第十三回目のゲストは清水区西里で中山間地の課題に取り組む、株式会社ホープフィールドCEO、望月大二郎さんをお呼びしています。

戦後の高度成長による経済発展により、私たち日本は世界に誇る近代国家となりました。
しかし、発展・拡大の時代は終りを告げ、人口減少をはじめとした様々な社会問題が噴出し始めています。
特に地方、それも中山間地と呼ばれる地域はその社会問題の最先端です。
そして、中山間地の山里は、自然と人間の生存競争におけるフロンティアでもあります。

そんなフロンティアの最前線にいる方が今回のゲスト。 今晩もメッセージが届いております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めまして。
清水の田舎でチョロチョロしております。
「獣害対策」をどうにかしようと奮闘中、望月大二郎と申します。

さて、「獣害対策」と聞いて、ピンとくる人はいらっしゃいますでしょうか?

「獣害」とは、野生鳥獣による被害のことです。
農業被害などが典型例です。

例えば、
・イノシシに芋を掘られた。
・サルにカボチャを盗まれた。
・カラスに種をほじくられた。
なんてものまで、いろいろあります。

「田舎の人が困ってるアレでしょ?」 
と思った方。

最近はそれだけで済まないのが問題です。
シカ、イノシシに限定しても、個体数増加と生息域拡大のために被害は増えており、都市部にも達し始めました。
今年の四月、国1バイパスにシカが現れるというニュースを耳にした方もいるかと思います。

私が、「獣害」に対し問題意識を感じるようになったのは、東京での研究生活から静岡の実家に戻り、茶農家として働くようになってからでした。
過疎化が進み、整備の手が回りにくくなっている現代の中山間地は、鳥獣による被害も増えているのです。
そんなこともあり、これまで研究していた機械工学と農業を繋ぎ、地域の為にできることはないかと考えるようになりました。

そんな中、応募したオムロンアグリベンチャーファウンダーコンテストにて創業者として選出され、その後の様々な出会いのなかで、2015年の11月には株式会社ホープフィールドを設立するに至りました。
現在、私たちの会社では、「活気ある中山間地が豊かな社会の礎をつくる。」をビジョンに、獣害対策を始めとした、中山間地農業の様々な課題に取り組んでいます。

この度は、「山・ヒト・ケモノ」というテーマを頂きましたので、できるだけ多くの方に「獣害」について知っていただけたら、と考えています。
被害の実情や現行の対策、ケモノの習性、新しい取り組みやアイデア、野生動物に関する法律など、人と自然のかかわり方を考えるヒントにしていただければと思います。

また、当日は我々の事業における獣害対策用センサの開発、ドローンの活用、一輪車電動化キット、そしてそれらの応用についても、ご紹介したいと考えています。会場では皆さまから率直な意見を頂けますと幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人の文明の歴史は自然と戦いの中にあったといっても過言ではありません。
山里における現代の科学のテクノロジーと野生生物との戦いは、人類の生存競争の最前線なのかもしれません。

さて、今宵は「山・ヒト・ケモノ」の夜。
中山間地新時代の夜明けに想いを馳せながら、語りあってみませんか?

>イベントページは、こちら!

dsc_0076-001

望月 大二郎 (もちづき だいじろう)
1985年生まれ。大学院を卒業後、博士課程に進学するもドロップアウト。
実家の茶園を継ぐため農業を始めるが、イノシシに畑を荒らされたことがきっかけで獣害対策の事業化を目指す。
2015年、ベンチャー発掘イベント「テックプランター」に集まったメンバーと獣害対策ベンチャー 株式会社ホープフィールドを起業。
中山間地で野生鳥獣に悩まされず農業のできる環境をつくるため、獣害対策の事業化に取り組んでいる。

・株式会社ホープフィールド 代表取締役CEO
・狩猟免許(第一種銃猟 罠猟)
・ドローンオペレータ DJIインストラクター

<株式会社ホープフィールド>
ホームページ : http://www.hopefield.jp/
FBページ   : https://www.facebook.com/hopefield.jp/


Writer : kurokuro

Posted at :

過去の記事

photo:ヒトトナリ酒場 〜芸術家「遠藤和帆」”命の繋がり”の夜 〜/4月29日
photo:ヒトトナリ酒場 〜「子育て、今できること」の夜〜/3月18日
photo:ヒトトナリ酒場 〜「デザインとアートの狭間」の夜〜/1月28日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「まちづくりとマーケティング」の夜〜/11月19日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「山・ヒト・ケモノ」の夜〜/10月28日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「空き家とまち」の夜〜/8月20日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「山と人」の夜〜/7月23日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜黒田棚卸しの夜〜/4月30日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜つなぐ「食と地域」の夜/3月12日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「切り撮る街と人」の夜/2月13日〜

> シズオカオーケストラ > ヒトトナリ酒場 > ヒトトナリ酒場 〜「山・ヒト・ケモノ」…