奏でるひとびと。まちという音楽。 – シズオカオーケストラ –

奏でるひとびと。まちという音楽。

> シズオカオーケストラ > ヒトトナリ酒場 > ヒトトナリ酒場 〜現代版家守「森正芳」…

ヒトトナリ酒場 〜現代版家守「森正芳」”リノベーションまちづくり”の夜 〜/8月19日


世の中には様々な想いで働いている、様々な人がいます。
ヒトトナリ酒場は、そんな静岡にゆかりのある「面白い働き方をしてる人」「なんだか魅力的な人」をゲストとしてお呼びして、美味しいお酒を片手にひとつのテーブルを囲む場です。

その場に行くだけで、一度話してみたかったあの人や、覗いてみたかったあの世界と出会えます。
その出会いは、きっとあなたの視界を少しだけ広げてくれるでしょう。

為人を知り、人と隣り合って語らう。
ヒトトナリ酒場では、今夜もワクワクする出会いが生まれています。

第十八回〜現代版家守「森正芳」”リノベーションまちづくり”の夜〜

第十八回目のゲストは、 森正芳さん。
材木屋の社長として会社を切り盛りする森さんは、今年新たに、家守会社なるものを立ち上げました。

皆さんは「家守(やもり)」という言葉を聞いたことはありますか?

江戸時代、基本的なまちの自治は、長屋の管理をする「家守」が行っていました。
彼らは、長屋の入居者の管理やまちのトラブルを解決する民間の世話役。優秀な家守がいるまちは栄え賑わったと言います。
また、長屋の賃料の一部を収入としていた彼ら自身も、まちの繁栄によりその賃料が上がることで潤うという仕組みが確立していたとか。

ご近所付き合いや大家さんとの繋がりも希薄となった現代。
主張する”個”が台頭し、人々はまちとしての在り方を”公”に任せるようになりました。そうすることでまちの民間自治の文化は薄れ、廃れていったのです。

今宵のテーマである”リノベーションまちづくり”とは「家守」を現代に復活させ、遊休不動産を活用しながらまちを再生させる、まちづくりの新たなトレンドです。

静岡市清水区でその家守会社を立ち上げたゲストの森さんから、今日もメッセージが届いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは、森正芳と申します。はじめまして。

みなさんは、5年後の自分のシゴト、想像したことありますか?
静岡の未来を、妄想したことありますか?(笑)

これからの世の中は、おそらく誰も予測できていないところに向かうのではないだろうか?日々そういう思考回路で私はシゴトしてます。

人口減少時代、労働者世代減少時代に入って、日本のすべてのビジネスはパイが小さくなります。
私が身を置く住宅産業においても第一次取得者が年々減り続け、2030年の新築着工数は54万戸という予測も出てきています。
が、空き家が社会問題として取り上げられるようになった今でも、新築建売住宅や分譲マンションが乱立している状況が続いています。

どう考えても、どんどん建物は余っていく。
誰が考えてもわかるはずなんですけど・・・なぜ?

そんな中、清水で零細企業の材木屋を営む私が何故「リノベーションまちづくり」を始めようと考えたのか、という話をしようと思います。

難しい話は出来ません。
これからの自分のまちをどうしたいのか?

当日はそんな話をさせていただきます。
この機会が皆さんのまちのことを考えるキッカケになれば、幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、今宵は、現代版家守「森正芳」”リノベーションまちづくり”の夜。

私自身、まちを良くするためには、そのまちづくり事業自体が稼ぐ仕組みを持たなくてはならないと考えています。
リノベーションまちづくりの考え方は”地域課題を解決しながら、稼ぐまちをつくる”という、これからの時代の必然です。

来月にはリノベーションまちづくりを3日間のブートキャンプ方式で学ぶことのできる企画「リノベーションスクール」も、清水で開催される予定。
まちづくりに興味のある方、リノベーションに興味のある方、独立・起業に興味ある方、ぜひお越しください!

>イベントページは、こちら!

プロフィール

森 正芳 (もり まさよし)

有限会社 森平製材所 代表取締役
株式会社 清水家守舎 代表取締役

1996年横浜商科大学卒業後、株式会社スンエン千葉出張所に勤務(本社:静岡県島田市)、家業を継ぐため修行する。
2000年、4年間勤務後、有限会社森平製材所へ入社、清水に戻る。
2005年、新規事業「古材事業」を開始、ニッチな商材を扱う喜びに目覚める。予知もしていなかった商業施設・店舗内装業界への古材販売が意外にも多く、初めの予想と現実の違いに驚く。
2011年より現職。なんとか頑張ってます。
2017年、とある方の声掛けにより、静岡市の担当職員と出会う。そこからの流れに任せて「リノベーションまちづくり」に参画することになり、自分を含めた7人を株主とした株式会社清水家守舎を設立。
代表取締役に就任、現在に至る。

有限会社森平製材所 ホームページ
清水家守舎 FBページ

<リノベーションまちづくりとは>
rerererenovation ホームページ 


Writer : kurokuro

Posted at :

過去の記事

photo:ヒトトナリ酒場 〜現代版家守「森正芳」”リノベーションまちづくり”の夜 〜/8月19日
photo:ヒトトナリ酒場 〜芸術家「遠藤和帆」”命の繋がり”の夜 〜/4月29日
photo:ヒトトナリ酒場 〜「子育て、今できること」の夜〜/3月18日
photo:ヒトトナリ酒場 〜「デザインとアートの狭間」の夜〜/1月28日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「まちづくりとマーケティング」の夜〜/11月19日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「山・ヒト・ケモノ」の夜〜/10月28日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「空き家とまち」の夜〜/8月20日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜「山と人」の夜〜/7月23日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜黒田棚卸しの夜〜/4月30日〜
photo:ヒトトナリ酒場 〜つなぐ「食と地域」の夜/3月12日〜

> シズオカオーケストラ > ヒトトナリ酒場 > ヒトトナリ酒場 〜現代版家守「森正芳」…